ブログ
Blog

屋内 部材紹介

2016年06月16日(木曜日)

今回は、屋内では使用される事の多い配線用の商品を紹介します。

まず、展示会場等で施設の分電盤から、電源の取り出しをする場合は、

屋内 部材紹介

22CTダシ単相3線2HBOX

又は5.5CTダシ , 2PBOX が必要になります。

2HBOXの場合は、延長して2PBOXに繋ぎますが、ダシが一つで済み、盤のブレーカーを落とさずに追加作業が出来るので、設営は楽になります。

2PBOXからは、2Pケーブル , ホールコンセントと言った基本的な流れになりますが、

ここでホール分岐が中間に入る事が多くあります。

屋内 部材紹介

ホール分岐が入った時は、屋内2Pケーブルではなく、屋内2P延長を使い、末端のコンセントまで引き伸ばします。

主に、一回路で複数ブースの電源を併せて使う場合に使用します。

イベント本番中にも、2PBOXの空きが無くなってしまった、突然の追加があった場合等にも、

比較的スピーディな追加対応が可能になります。

色々な商品があるので、宜しければカタログページをご覧下さい。

それでは今回は以上です。


TOP